デスクで淹れられる!職場で使える本格的な一人用コーヒーメーカー3選

  • URLをコピーしました!

お家でハンドドリップにこだわり始めてから、淹れたてコーヒーにドップリ浸かっている「りとりば」です。うまいこといってすいません。淹れたてコーヒーが標準になってから少し味気なく感じてきたのが会社で飲むコーヒーです。少し前までは満足できていたネスカフェのドルチェですら今の僕を満足させることができません。一念発起して一回だけ会社にミルとドリッパー持って行っておうちと同じようにコーヒー入れて見たんです。するとどうでしょう。

周りの目線がやばい

時間にしたら5分くらいだしいけるだと踏んでいたんですが、想像以上に注目を集める上に

電動ミルがうるせぇ。。。。。

これは家で挽いてくるべきでした。挽きたては相当コーヒーに寛容な会社じゃないと難しそう。
あとドリップをゆっくりしてるとサボってる感がすごい!タバコ吸ってるより健全なはずなのにいつもは僕の心を温めてくれるコーヒーですがこの日ばかりは味がわかりませんでした。いまでも思い出すあの冷ややかな目。

それから僕は血眼になって探しました、職場で自然に本格的なコーヒーを飲む方法を。そしてデスクに置ける「一人用コーヒーメーカー」という画期的な文明の利器を見つけることになりました。世の中はコーヒー好きが生きやすいようにできているなと確信した瞬間。至福のときですね。生きててよかった。
しかも、有名なコーヒーメーカーはこぞって商品を出してるのにこういう需要って想像以上にあるんですね。まだ僕も買えてないんですが、いろいろ調べた中で評価が高く、自分が買おうと思ってる3つを紹介します。

目次

1.Kalita(カリタ)TS-101 N

日本のコーヒーメーカーといえば最初に名前が上がるであろう Kalita(カリタ)が出している一人用コーヒーメーカーが「TS-101 N」。
これ初めて見た時びっくりしたんですがめちゃめちゃ安い!1678円て!2千円しないのかよ。。タンブラー買うよりこっち先に買えばよかった。
その上、安かろう悪かろうではなく機能考えられています。カリタの特徴である3つ穴ドリッパーを採用しているのでコーヒが落ちるのが早いですし、香りと風味を逃すことなくドリップしてくれます。サイズも15.5 x 23 x 15.5 cm とかなりコンパクトで普通のマウスパットよりちっちゃいと思ってれば大丈夫です。重さも 649 gなので持ち運びもデスク上の移動も楽々です。淹れ終わったら自動で電源が切れてくれるのも地味に嬉しい。僕はこれを買う予定。

2.barouche(バルーシュ)BR-01-WH
 

おしゃれさんにオススメはこれ!baroucheのブランドコンセプトはホテルなどの旅の空間で使われるシンプルで美しく誰にとっても使いやすいモノ。BR-01-WHはこれを一人用のコーヒーメーカーとして具現化したものと言えるでしょう。使い方は、本当に簡単で市販の紙フィルター入れて、豆入れて、水を入れるだけ。水もすぐに沸くのでサッと美味しいコーヒーが入れられます。ステンレスのサーモカップなので長い間、美味しい温度でコーヒーを楽しめます。値段はお高め。

3.recolte(レコルト)  SOLO KAFFE
 

デスクに彩りを添えながらコーヒーを楽しみたいという人にお勧めしたいのがrecolte(レコルト)のSOLO KAFFE。デザイン家電メーカーが出しただけあって置いてあるだけでインテリアとしても可愛い一人用コーヒーメーカー。ドリッパー部分が透明になっているのが特徴。このメーカーはマグではなく二重構造のガラスのコップを採用していて、ホットはもちろん氷を入れてそこに直接ドリップすることで急冷アイスコーヒーも作れます。夏は嬉しいですね。パーツを取り外して洗えるのでお掃除が楽そう。プレゼントでもあげたい一品。

まとめ

・長い仕事時間にコーヒーで癒しの時間を作ろう
・一人用ならデスクで入れられるので楽々
・2000円くらいで買えるのでとりあえずカリタ買う
・モテたいから下の二つも検討

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる